うつ病の診断は精神科で|気になる症状の数々

レディー

医師の診断

相談

インターネットによるうつ病の自己診断が多く広まっている昨今ですが、うつ病を自覚していない方がそこに行きつくのは難しいとされています。自覚症状がないだけにご自身で気付くことが遅くなり、結果的にクリニックでの診察が行なわれないというケースが多く見られるようです。うつ病の疑いがある場合には精神科や心療内科のクリニックによる診断が大切になってきますが、そこに至るにはご自身の気付きだけではなく周囲の方の気付きも大切になってきます。特に周囲へ悩みを打ち明けないタイプの方に対しては、より一層周りの方のケアが大切となってくるでしょう。まずはうつ病の症状を見つけ、クリニックで診察を受けることが大切です。

実際にクリニックへかかった場合、うつ病がどのように診断されるのか、その診察内容と流れを確認してみましょう。クリニックへかかったら、まずは問診を受けることになります。症状がスタートした時期やその内容について問われることになるでしょう。症状が把握できていない場合も、直近までに起こったこころやからだの変化をもう一度振り返って確認してみましょう。また、クリニックにとって大切な情報として症状があらわれるようになったきっかけがあります。どのような出来事が起きて現在の状況に至っているのか、可能な限り説明するようにしましょう。そして、その症状が日常生活にどの程度支障をきたしているのかも重要な観点となります。現状で感じていることは伝えるようにしましょう。この問診の結果に加えて、元来の性格や既往歴、家族構成などが診断の材料に用いられます。場合によってはご家族などの身近な方に対して確認が行なわれることもあります。この結果を医療界で定められている判断基準に沿って診察していくことになります。

診察の流れとしては、問診から診断結果を得て、適切な治療を行なうという内容になります。うつ病であるという診断結果がでた場合は、一度だけの来院でなく通院をする必要が出てきます。担当医の指示を受け、ゆっくりと改善していきましょう。また、治療の過程で投薬が必要になる場合があります。もしも投薬治療をしたくないという場合には担当医と相談してみましょう。