うつ病の診断は精神科で|気になる症状の数々

レディー

自己診断

ウーマン

うつ病にかかるのは、責任感が強く真面目な人が多いとされています。そういった方は真面目であるがゆえに周囲へその悩みを打ち明けず、結果としてうつ病の症状が進行してしまうといった状況が生まれてしまいます。うつ病が進行してしまうとそれだけ回復が遅れてしまうことになるため、できるだけ早い発見が望まれます。その一助となるのが自己診断です。現在、インターネットでは様々な自己診断チェックシートが用意されています。全てが百パーセント信頼できるというわけではありませんが、ご自身がうつ病であるかそうでないかを測る目安にはなります。自己診断を行ない、うつ病であるかどうかの判断材料としましょう。ここではそのチェック観点の一部をお伝えします。自己診断で尋ねられる質問に多いのは、症状が一定期間続いているかどうかという点です。その期間は利用する自己診断チェックによってまちまちですが、症状の期間については問われることでしょう。

自己診断チェックに多い観点をいくつかお知らせします。まずは、ものごとを楽しむ気持ちがあるかどうかという点です。これは、うつ病のメインとなる症状である意欲の喪失を発症しているかどうかの判断基準となります。また、気分の落ち込みがあるかどうかという点についても多く尋ねられるでしょう。この点は、抑うつ状態を見極めるためのチェックポイントとなっています。また、毎日の睡眠についても尋ねられるでしょう。これはうつ病に多く見られる不眠をチェックするための観点です。不眠だけではうつ病と判断できないことが多いですが、全てのチェックがうつ病に関するチェックであるため、日頃の生活ではうつ病の自覚がない方も気付きやすくなっているのです。

自己診断チェックを行なってみて結果が出ましたら、それを精神科や心療内科の担当医へ見せてみましょう。自己診断チェックの結果が必ずしもうつ病を確定させるわけではありませんが、担当医にとってはひとつの判断材料となります。この結果をもとに担当医のカウンセリングを受け、診断結果に応じて治療を行なっていくというイメージです。もし本当にうつ病であった場合には、そこから治療をスタートさせていくことになります。治療にあたっては定期的にクリニックへ通うことが想定されるため、診察を受けるクリニックは通いやすい医院を選択すると良いでしょう。通いやすさには様々な観点があるでしょう。距離の面だけでなく、クリニックの雰囲気や担当医がご自身に合うかどうかも通いやすさをあらわす材料となります。これらの点を考慮してご自身にとって良いクリニックを選択すると良いでしょう。