うつ病の診断は精神科で|気になる症状の数々

もしかして…と思ったらうつ病診断を受けてみましょう

症状と診療科

ドクター

ご自身にうつ病のサインが見られる場合、かかる診療科は精神科や心療内科となります。診療科には内科や外科、皮膚科など様々なものがありますが、うつ病の場合には精神科や心療内科を受診するようにしましょう。誤ったクリニックで診断を受けると、思うような結果が得られないことがあります。また、それは回復を遅らせることにも繋がってしまいます。適した診療科にかかるということはうつ病を快方へ向かわせるために大切な第一歩となります。

クリニックへ足を運ぶ際には、恐らく何らかの自覚症状があるのではないでしょうか。ここでうつ病の際に見られる様々な症状をチェックしてみましょう。うつ病の症状というと気持ちの落ち込みややる気の喪失といったものがイメージとして湧きやすいでしょう。しかし、意外なことにうつ病の症状はこころの問題だけに限らないのです。からだに何らかの問題が発生することもうつ病の特徴として挙げられます。からだの問題として見られるのが、胃の痛みやからだのだるさ、関節の痛みといったものです。また、それ以外にも頭痛や発汗、睡眠障害といったものも挙げられます。これらの症状がうつ病の症状としてわかりやすいものであれば即座に精神科や心療内科へ足を運ぶことができるでしょう。しかし、単純な頭痛がうつ病の症状であるとは判断できないケースが多々あるのです。頭痛や胃痛が気になり内科などの診療科を受診したものの原因が分からない、といったようなケースがそれにあたります。これはうつ病で見られるからだの問題として非常に厄介な点です。単純なからだの問題だけではうつ病と診断されづらく、そのため発見が遅れるというパターンは避けなければなりません。クリニックへ診察を受ける際には、からだの症状に加えてこころの動きに気になる点はないかもう一度セルフチェックしてみましょう。もしかしたらそこにうつ病の兆候が見つかるかも知れません。うつ病の症状を見つけ、精神科や心療内科といううつ病の専門家による診察を受けることが解決に繋がるのです。

うつ病を解決するためには、適切な治療を受ける必要があります。しかし、その解消に焦ってはいけません。うつ病の診断を受けた以上、そこに至る背景があるはずです。一度ゆっくりと休む期間をからだとこころが求めていたのでしょう。焦らずに治療に取り組むことがからだとこころを健康へと導きます。

病院に頼る

カウンセリング

うつ病の症状が見られた時には、周囲の方の協力を得て改善に向かっていくことになります。そしてもう一つ大切なのは、診断を受ける病院の選択です。ご自身に合った病院へ足を運びましょう。

判断基準

男性

こころの調子がおかしかったり、からだの調子がおかしかったりするとそこにはうつ病が潜んでいるかも知れません。病院による診断の結果でそれは判明しますが、その基準とは何でしょう。

自己診断

ウーマン

うつ病の症状には様々なものがあります。そして、人によってはその症状に気付かないかも知れません。インターネットに存在するサイトでは自己診断チェックが行なえますので利用してみましょう。

医師の診断

相談

インターネットを利用すればうつ病の自己診断を行なうことができますが、最終的には精神科や心療内科のクリニックにて担当医の診察を受けることになるでしょう。医師はどのような観点で判定を行なうのでしょう。